家

血を吸う虫は退治しよう

トコジラミ駆除の際は安全を確保するために薬剤の管理に気を配ることが大切です。また、害虫の駆除だけではなく、被害に遭わないように日頃から居住環境を良好に保つ他、こまめな掃除で繁殖を防ぐことを心がけます。

作業員

害獣の被害に困ったら

日本ではネズミだけではなく、イタチやハクビシンなどの害獣被害に遭う可能性があります。そういった害獣被害に遭ってしまった場合には専門の業者に害獣駆除を依頼するのが一般的です。専門の業者に依頼する場合には許可の必要は狩猟免許の心配をせず、再発防止も行ってくれるということで人気となっているのです。

作業員

ベランダは狙われている

何の害もないように見える鳩ですが、実は都心部のマンションのベランダに巣作りをして住人を困らせることがよくあるのです。ベランダに一度巣を作ってしまえば、年中占拠してしまい糞で汚し病原菌をばらまいていきます。野鳥保護法で守られている鳩を駆除するのは、難しいので巣作りを阻止することが肝要です。

困る人

ネズミから身を守ろう

ネズミは多くの病気を人間にうつしうる、大変危険な害獣です。生活範囲で見かけたならば駆除が必要でしょう。その場合、ネズミ駆除の専門業者に依頼するのが一番です。業者を選ぶ際には相手方の実績を確認しましょう。そこからその業者が正しく知識と経験を持っているか判断し、信頼できる業者に依頼することが大切です。

虫

トコジラミに刺されたら

ナンキンムシとも呼ばれるトコジラミは、体長5ミリ程度のカメムシの仲間です。寝ているときにトコジラミに刺されると、手足などの肌の露出部分に赤い湿疹が出ます。トコジラミ駆除の方法及び費用の相場についてご案内します。

ネズミを完全に駆除する

女性

より良い業者を選ぶために

ネズミは、生活害獣として認定されています。従って、個人が毒餌や罠を仕掛けて殺すことも認められています。しかし、1度家がネズミの住処になると、完全に駆除するのは至難の業です。ネズミは学習能力の高い動物であるため、毒餌や罠の存在を覚えると、効果が期待できなくなります。最初の数匹は殺せても、残党が生き残れば相当の数に繁殖します。天井裏や壁裏をネズミの巣にしないためには、プロのネズミ駆除業者に依頼することが必須です。ただ、ネズミ駆除のプロに依頼する際は、優秀な業者を選定することが重要です。単にネズミ駆除のノウハウを持っているだけでなく、ネズミの被害状況を個別に診断できる業者がお勧めです。そのためには、ネズミの侵入経路や糞の場所の確認など、事前の調査をしっかり行ってくれる業者を選ぶことです。ネズミの数や行動形態について調査することは、その後のネズミ駆除の効果を大きく左右します。専門業者に依頼する時は、事前調査を確実に行ってくれるかどうかも確認しておきましょう。事前調査をしっかり行う業者の方が、対応も良心的な所が多いのです。殺鼠剤や罠を仕掛ける作業以外にも、ネズミの侵入を防ぐアドバイスもしてくれたり、効果の進捗も確認してくれます。そして、最終的に、ネズミがいなくなるまで、駆除を実行してくれるのです。更に良心的な業者は、駆除作業の保障も行っています。駆除後の半年から1年の間に再び被害があれば、無料で駆除を行ってくれます。業者に依頼する前には、料金体系以外にも、駆除の手順を確かめることも大事です。

Copyright© 2018 ネズミ駆除後の業者の対応とは【駆除の手順を確かめることも大事】 All Rights Reserved.