ベランダは狙われている

作業員

一度占拠されれば厄介です

鳩というと平和の象徴としてイベントでも使われることがあるために、人間に害をもたらす鳥類として認識されていないことが多いです。しかし実際には都心部を中心に、大繁殖してしまい悪意はなくても、糞による被害と病原菌をばらまいています。特に都心部にあるマンションのベランダは、鳩が棲家にするための条件が揃っているため占拠され住人が困っているケースが多いです。何故高所にあるマンションのベランダを、狙うかというとずばり安心して雛を育てるための巣作りする場所を求めているというのが答えになります。愛情深い鳩は一度つがいを決めると、一生を添い遂げますし繁殖期がふた月に一度くらいの割合でくるのです。ということは年に何度も雛が誕生するので、一度占拠されてしまうとしつこくやってきます。厄介なのは鳩は野鳥なので、法律によって保護される存在で親はもちろん雛も卵さえも勝手に駆除することはできません。最悪な事態に陥ったら専門の業者に依頼しての、駆除対応を検討する必要がありますが長期戦になることを覚悟してください。長期戦になるとそれだけ費用がかかるので、誰もが避けたいという心情がおこるのが当たり前です。そこで提案したいのが、駆除することを考えるよりも鳩のベランダ占拠を阻止してしまうことです。鳩は帰巣本能が強いので、追い払っても何度も戻ってきますし、成長して飛びだった雛も親になれば戻ってくる可能性があります。鳩の駆除には本当に根気と費用がかかるのですが、巣作りをさせないという任務を達成できるのでおすすめです。ベランダに巣作りに使えそうな物は、置かないようにし小枝や藁などが落ちていたら素早く片付けておきましょう。毎日こまめに、掃除しておけば鳩も諦めて別の場所を探し始めます。

Copyright© 2018 ネズミ駆除後の業者の対応とは【駆除の手順を確かめることも大事】 All Rights Reserved.